共通ナビゲーションを飛ばす

エンジンオイルの規格

API(アメリカ石油協会)規格

APIシンボルマーク

API(アメリカ石油協会)規格の変遷

自動車エンジンの進化とともにエンジンオイルもまた進化を遂げてきました。 代表的なエンジンオイルの品質分類であるAPI規格は車社会のニーズを反映し、グレードアップの変遷を続けてきました。
API規格は、省燃費性・耐熱性・耐摩耗性などエンジンオイルに必要な性能を設定したもので、ガソリンエンジンオイルにはSAからSMまでの12段階あります。最新のグレードほど基準が厳しく品質が優れています。これらAPI規格は、 EOLCS(※)によって認定されています。

※EOLCS:Engine Oil Licensing and Certification System
1993年アメリカ石油協会やアメリカ自動車技術者協会、アメリカ材料試験協会、アメリカ自動車工業会などの教団体によって組織化されたエンジンオイル認証システム。

SA 運転条件がゆるやかなエンジンに使用可で、添加物を含んでいないオイル(ベースオイル)
SB 最低レベルの添加物を配合したオイルで、かじり防止・酸化安定性の機能が改善されている。
SC 1964~67年型のガソリン車に満足して使用できる品質を持ち、デポジット防止性・摩耗防止性・サビ止め性腐食防止性が備わっている。
SD 1968~71年型のガソリン車に満足して使用できる品質を持ち、SCより高い品質レベルを備えている。
SE 1972~79年型のガソリン車に満足して使用できる品質を持ち、SDより高い品質レベルを備えている。
SF 1980年製以降の車に適応。酸化、高温デポジット(堆積物)、低温デポジット、サビ、腐食に対する優れた防止性能を発揮。
SG 1989年製以降の車に適応。SFの性能に加え、動弁系の耐摩耗性と酸化安定性が要求され、エンジン本体の長寿命化を果たす性能がある。
SH 1993年製以降の車に対応。SGの性能に加え、スラッジ防止性、高温洗浄性に優れる。
SJ 1996年製以降の車に適応。SHの性能を向上。さらに蒸発性、せん断安定性に優れる。
SL 2001年度制定。SJに比べ、省燃費性の向上(CO2の削減)・排出ガスの浄化(CO、HC、NOxの排出削減)・オイル劣化防止性能の向上(廃油の削減・自然保護)があげられる。
SM 2004年制定。SLに比べ、浄化性能・耐久性能・耐熱性・耐摩耗性に優れている。
SN 2010年制定。環境性能おいてより高い基準が設けられた。

コスモ リオ エンジンオイルは最新の国際オイル規格「API SN」に合格

コスモ リオは環境対応へのさらなる強化、経済性の追求など、最新の国際オイル規格「API SN / ILSAC GF-5」を取得し、車社会に求められるさまざまなニーズに応えました。

API最新のSN規格をクリア

SNとは、API(アメリカ石油協会)によって定められたエンジンオイル規格「API規格」の最新グレードです。

コスモ リオ APISN規格取得エンジンオイル

「SMからSNへ」「GF-4からGF-5へ」の性能向上ポイント

  1. 低燃費性能の向上
    (1)初期燃費、持続性燃費1.6~2.6%向上
    目的:排出ガス(CO2)の削減
  2. 排ガスシステムの耐久性(触媒適合性)
    (1)油中P(リン)量を0.08mass%以下に低減(下限値0.06mas%)
    (2)リンの蒸発性を新たに設定(油中リンの残存率79%)
    (3)硫黄量を0.5mass%以下に低減
    目的:触媒被毒の軽減、排出ガス規制対応(NOx、CO、HC、未燃ガス)の浄化
  3. エンジンの信頼性向上(ダウンサイジング等)
    (1)過給機導入に伴う耐ターボ性能強化
    (2)E85(エタノール85%、ガソリン15%)燃料の使用環境を想定
    目的:新型エンジンへの適応(シビアリティの過酷化に対応)

SAE(アメリカ自動車技術者協会)規格

エンジンオイルを選ぶ基準、「品質(API/ILSAC)」と「粘度(SAE)」

エンジンオイルを選ぶ基準には、品質と粘度があります。
品質はEOLCSによって認定されるAPIサービス分類が国際的に広く使われています。
粘度は SAE(アメリカ自動車技術者協会)が定めた粘度分類が使われています。SAE粘度分類は、オイルの「粘り」いいかえるとどれだけ温度変化に耐え、潤滑油としての性能を発揮できるかを示す尺度です。
SAE規格は、車種、走行条件、地域特性に応じて選択するもので、単純に数値が高い(低い)ほど、いいオイルというわけではありません。

モーターオイルの規格は国際的な認定機関によって定められており、最新のグレードほど基準が厳しく優れた品質になっています。API品質グレードも、車の進化と共に時代に適応した規格へと進化します。

「5W」は低温側の粘度を表し、「W」は冬(WINTER)の意味で、寒さへの強さを表します。 日本では5Wと10Wが主流です。数値が低いほど寒さに強い(固まらない)といえます。

「30」は高温側の粘度を表し、数値が高いほど粘り気が強く(硬め)なります。一般 的には走行条件が厳しい場合には40番、平地走行では30番か20番がおすすめです。日本では30番が主流です。

ILSAC規格

ILSAC

ガソリンエンジンは、性能が飛躍的に向上し小型軽量化する反面、エンジン出力は年々アップしています。一方、環境保全の観点から化石燃料(ガソリンなど)の消費を抑制すること=車の省燃費技術に対する関心が高まり、これに対応するため各自動車メーカーは、 車の小型化、エンジンの小型・軽量化技術の採用などに取組み、その結果燃費を改善させてきました。 このような環境下、自動車メーカーとオイルメーカーの協力が不可欠なことから、制定されたガソリンエンジン規格がEOLCS / ILSAC(※)です。

※ILSAC : International Lubricant Standardization and Aproval Committee
日米自動車メーカーによるエンジンオイル規格制定組織。1990年ILSAC GF-1、1996年ILSAC GF-2を制定した。ILSAC GF-3はAPI SL+新ECの性能が要求されている。規格の認証はEOLCSによって行われる。

最新の省燃費規格 ILSAC GF-5

更なる省燃費性、ロングドレイン性の向上のほかに、排気ガスシステムへの影響低減、リン成分、硫黄成分の低減を目的としている。

本文ここまで

Copyright© COSMO OIL MARKETING Co.,Ltd. All Rights Reserved