共通ナビゲーションを飛ばす
プレスリリース

新御油サービスステーションにおける土壌調査の結果について

2018年6月19日
コスモ石油マーケティング株式会社

コスモ石油マーケティング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:森山幸二、資本金: 10億円)は、当社子会社でサービスステーションの資産管理事業を行なっているコスモ石油プロパティサービス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:石本耕二、資本金:0.8億円)において、2018年2月28日に廃止した愛知県豊川市にある新御油サービスステーションの敷地内の土壌・地下水の状況の調査を実施しました。

調査の結果、愛知県の県民の生活環境の保全等に関する条例に規定する土壌汚染等対策基準(以下「基準」と称す)に定められている値を上回る鉛が検出されましたので、下記の通りお知らせいたします。

なお、汚染は地下水に接触して溶出することがないこと、現状、地下水汚染が発生していないこと、また現状は土間コンクリートで敷設されており雨水等の地下浸透もないことから、敷地外へ広がる可能性はないと判断しています。

調査の結果は、「土壌汚染等調査結果報告書」として6月19日に愛知県に提出いたしました。今後は愛知県のご指導を仰ぎながら、適正に対応してまいります。

1.新御油サービスステーション

(1)所在地
愛知県豊川市御油町西小深田7-1、7-8
(2)サービスステーション履歴
開所:1965年3月1日(閉鎖:2018年2月28日)
(3)調査結果
特定有害物質名 測定結果
最大値
基準超過地点
(調査地点)
基準
土壌
溶出量
鉛及び
その化合物
0.036  (mg/L) 2地点
(12地点)
0.01(mg/L)
以下
土壌
含有量
鉛及び
その化合物
790 (mg/kg) 1地点
(12地点)
150(mg/kg)
以下
以上

【本件に関するお問い合わせ先】
コスモエネルギーホールディングス株式会社
コーポレートコミュニケーション部 広報・ブランド戦略グループ 多村・増田
電話 03-3798-3101  FAX 03-3798-3841

本文ここまで

Copyright© COSMO OIL MARKETING Co.,Ltd. All Rights Reserved